« ランチセット/ゲーン・キャオ・ワーン | トップページ | ランチセット/クイティアオ・トムヤム »

2008.03.22

ゲーン・ハンレー

100_0686チェンマイは200年ほどの長きに渡り隣国ビルマの支配下に置かれていた時代があった。だからビルマの影響を強く受けたこういうゲーン(カレー)がある。ゲーン・ハンレーだ。最近ではタイ料理も身近になりタイのカレーに違和感を抱く人はもう少なくなったが、それまでの日本人の感覚からすると、ゲーン・キャオ・ワーンやらましてゲーン・ソムなどの「カレー」はちょっと想像できないわけだ。それを考えるとこのゲーン・ハンレーは見事に日本人向けの安心できるカレーと言える。味もマイルドだ。辛くはないので頭から垂れる汗を拭き拭き食べるということもない。インドカレーのようにスパイスが利いた刺激的なカレーではなく、ビルマの優しいカレーなわけだ。ビルマカレーというのは要するにインド風なカレーのわけなのだが、やはりそこは国民性のちがいなのだろう、インドのようには刺激的ではなく東南アジア的な湿潤で優しいマイルドさが感じられる。辛さが苦手な人には嬉しいカレーだ。しかし、ただのマイルドで腑抜けたカレーと思うとそれは違う。酷があってこれが旨いのだ。ホクホクのニンニクととろとろの豚の角煮、そしてショウガ。このカレーなら酒の肴としてもグラスが進むぞ。

*

タイ料理レストラン クルアタイ(廚泰)

*

*

|

« ランチセット/ゲーン・キャオ・ワーン | トップページ | ランチセット/クイティアオ・トムヤム »

Menu」カテゴリの記事

ゲーン(タイカレー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/531669/11661124

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーン・ハンレー:

« ランチセット/ゲーン・キャオ・ワーン | トップページ | ランチセット/クイティアオ・トムヤム »