« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年3月

2008.03.30

ランチセット/カオ・マン・ガイ

100_1365おいおい、こんな豪華なカオ・マン・ガイを出しちゃっていいのかよ! ぷりぷりの厚切り鶏肉に香り立つライス。本格的なスープにサラダとデザート。まいったね、これは。なるほど、ディナーメニューに載っていないわけだ、これはランチだけの特別メニューというわけだな。しかし、このカオ・マン・ガイは見事だね。本場タイのお店でもこんなに豪華なものはほとんど見かけないぞ。 御存知の超人気メニューであるカオ・マン・ガイだ。屋台系のタイ料理の中でも群を抜いて人気のあるカオ・マン・ガイ。まあ、普通の屋台ではまずこんなに厚い鶏肉が出てくることはまずない、ほとんど皮ばかりというお店だってあるぐらいだ。ここつつじヶ丘のクルアタイでこんなに見事なカオ・マン・ガイが食べられるとは、いやあ、幸せだ。ランチメニューだから知らない人もいるんじゃないかな。これは絶対のお得メニュー。そのうち店主の気が変わって止めにしちゃうんじゃないかと心配してしまうぐらいに素晴らしい。早めに喰っておいた方がいいかもしれないぞ。

*

タイ料理レストラン クルアタイ(廚泰)@ つつじヶ丘

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

ランチセット/クイティアオ・トムヤム

100_1242クイティアオ・トムヤムのランチセット。
クイティアオとは米からできた麺、つまりライスヌードルだ。日本でも人気のヴェトナム料理・フォーとほとんど同じ物。中国(潮州)では粿条と呼ばれているヤツだ。さっぱりして美味しい麺料理だ。普通の
クイティアオ・ナーム(スープ入りライスヌードル)であれば薄味のスープであるが、これはあのトムヤムスープである。それも王道のトムヤククン(海老入りトムヤム)という豪華さ。酸っぱくて辛く酷のあるこのスープがさっぱりとしたクイティアオによくからまって旨い味を創り出してくれる。このトムヤム味のスープはタイの麺類でもやはり人気で、即席ラーメンでもよく売れているが、このランチセットのトムヤムは本格的だ。このクイティアオ・トムヤムだけでも十分一人前のものだが、そこはランチセット、カオパット(チャーハン)にサラダ、デザート、珈琲までもが付いてしまうというバリューメニューになっているので、これは喰わないわけにはいくまい。タイ風ラーメンとたまに呼ばれるが、日本のラーメンにあたる麺はバーミーというものがタイにはあるので、ここは正式名称でクイティアオ・トムヤムと言っておこう。

*

タイ料理レストラン クルアタイ(廚泰)

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.22

ゲーン・ハンレー

100_0686チェンマイは200年ほどの長きに渡り隣国ビルマの支配下に置かれていた時代があった。だからビルマの影響を強く受けたこういうゲーン(カレー)がある。ゲーン・ハンレーだ。最近ではタイ料理も身近になりタイのカレーに違和感を抱く人はもう少なくなったが、それまでの日本人の感覚からすると、ゲーン・キャオ・ワーンやらましてゲーン・ソムなどの「カレー」はちょっと想像できないわけだ。それを考えるとこのゲーン・ハンレーは見事に日本人向けの安心できるカレーと言える。味もマイルドだ。辛くはないので頭から垂れる汗を拭き拭き食べるということもない。インドカレーのようにスパイスが利いた刺激的なカレーではなく、ビルマの優しいカレーなわけだ。ビルマカレーというのは要するにインド風なカレーのわけなのだが、やはりそこは国民性のちがいなのだろう、インドのようには刺激的ではなく東南アジア的な湿潤で優しいマイルドさが感じられる。辛さが苦手な人には嬉しいカレーだ。しかし、ただのマイルドで腑抜けたカレーと思うとそれは違う。酷があってこれが旨いのだ。ホクホクのニンニクととろとろの豚の角煮、そしてショウガ。このカレーなら酒の肴としてもグラスが進むぞ。

*

タイ料理レストラン クルアタイ(廚泰)

*

*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

ランチセット/ゲーン・キャオ・ワーン

100_1094嬉しいランチセットだ。人気のゲーン・キャオ・ワーンにライス、サラダ、デザート、珈琲付き。至福の昼飯だな。お腹いっぱいになって大満足。タイのカレー(ゲーン)はインドカレーとはちょっと種類が異なるので、初めは多少違和感があるかもしれないが、これが止められないほど旨いんだ。初めての人はこのお得なランチセットで試してみてほしい。本格的なゲーン・キャオ・ワーンを安く手軽に美味しく食べられて、身も心も満腹の大満足というわけだ。ゲーン・キャオ・ワーンとライスの絶妙なコンビネーションを味わってくれ。最後の米粒ひとつまでも綺麗に平らげてしまうこと確実だ。君が食べ終わったお皿は、まるで洗い終わったあとのよう状態になっているはず。そして翌日もまたゲーン・キャオ・ワーンのランチセットを食べにやってくることになるのだ。

*

タイ料理レストラン クルアタイ(廚泰)

*

* 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年8月 »