« パッタイ | トップページ | パット・パック・カナー・ムー・グロープ »

2008.02.14

ゲーン・キャオ・ワーン

100_0351ゲーン・キャオ・ワーンだ。
タイ語をカナ表記するのはなかなか厄介で、「
ゲーン・キャオ・ワーン」もいろいろなカナ表記が混在している。しかしそんなことは放っておいて、まあようするに甘くて緑色のゲーン(汁物・スープ・カレー)というわけだ。だから英語ではグリーンカレーと呼ばれている。タイ料理の初めの一歩をこの「ゲーン・キャオ・ワーン」から始めた人も多いことだろう。そしてそれからタイ料理の虜になってしまった人も。このカレー、甘くて緑色のゲーンという名前が表しているように、実は甘いカレーだ。甘いのだけれど、そこはタイのカレーだ。甘いだけでは済まない。一口食べて、なんだ意外と甘いのね、などど思っている内に頭のてっぺんから一筋の汗が額に流れてくる。舌が正確に辛みを感じる前に、君の脳天は唐辛子の強烈な辛さを認識しているというわけだ。そう、辛さが時間差攻撃でやってくるのだ。タイ料理をなめてはいけない。ココナッツの甘さに騙されると痛い目にあうということだ。しかしこの甘くて辛い「ゲーン・キャオ・ワーン」は病みつきになる。汗を拭き拭き、ご飯がいくらでも食べられる。本当にいくらでも喰えてしまうから不思議だ。お試しあれ。

*

タイ料理レストラン 「クルアタイ(廚泰)」

*

*

|

« パッタイ | トップページ | パット・パック・カナー・ムー・グロープ »

Menu」カテゴリの記事

ゲーン(タイカレー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/531669/10507014

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーン・キャオ・ワーン:

« パッタイ | トップページ | パット・パック・カナー・ムー・グロープ »